2007年05月07日

POGにおける相馬

最近サボりがちだったので、久しぶりに馬体コラムの更新を。今回は旬なネタということでPOGをテーマに馬体についての考察(というか持論)を展開してみたいと思います。これからドラフトに向けて本格的に馬体を見る機会が多いと思われますので、一緒になって考えてみて下さい。


まず、大前提としてPOG的な相馬術は、その馬の一生を通して、稼いでくれる馬を探し出す調教師や馬主、あるいは一口出資者にとって必要な相馬術とは、基本的に異なるということがいえます。それはPOGというものが「期間限定」の短期決戦であること、数頭選んでそのうち一頭でも大物が出れば勝ち組になる率が高いゲームであること、また、どんな高額馬でも指名できる(選択制限がない)ことから、根本的に選ぶべき馬の方針が違うという理由があるからです。

POGにおける相馬の基本スタンスは

・早熟馬>晩成馬
・短距離馬>長距離馬
・芝馬>ダート馬


ということになります。

最初の項目は早熟というか、初期の時点で完成度の高い馬を指名したほうが早い内に稼げるというのは当然のことですね。一般的なPOG期間(6月〜翌年ダービーまで)なんてものは多くの馬にとっては長い競走馬生活のほんの短い期間であるわけで、総合的な効率を考えると、最も重視すべきファクターでしょう。ただし、全ての馬を完全早熟傾向で固めるのはバランスが悪いのでかえってリスキーです。迷ったら完成度の高いほうを選ぶという程度の認識でいいと思います。具体的には「キ甲の抜け具合」、「トモの筋肉の発達」、「全体の緩さ」を見ながら他馬と比べて成長度合いが早い馬を選ぶと良いでしょう。

2番目の項目「短距離馬>長距離馬」は上記同様あくまで傾向の話で、みんな狙ってるのはやはりクラシックディスタンスで強い馬。でも2歳の6月からスタートする新馬戦、それから3歳クラシックまでの間にあるレースの大半が2000m以下の短〜マイルレースだということを考えると、迷った時は着実に稼げるスピードタイプの馬をより重視すべきです。ただし、最初から短距離のスペシャリストを狙う必要はなく、むしろ極端に長距離傾向の馬を避けるという考え方でいいと思います。適度な長さの手脚と首、胴、全体のバランスがとれていて、いわゆる「マイラー型」といわれる体型を基準とし、それに近い馬を選ぶようにすれば自然とアベレージは高くなります。

最後の項目は、日本で競馬をする限り、賞金面を考えれば当然のこと。POG期間内のダート重賞は地方交流レース以外なく、OP特別すら数えるほどしかないのが現状。さらにいうと、ライバルは多いのに当たりを掴みにくい傾向にあるので、「芝がダメでもダートで保険がきく」といった馬ならまだしも、最初からダートでの活躍を期待してダート馬を選ぶのはナンセンスでしょう。今後レース体系が変化する可能性はありますが現時点ではダート狙いは得策とはいえません。血統と照らし合わせながら、極端に繋ぎの立った馬、堅い馬、前駆や首の筋肉が異様に発達している馬、これらは芝に適さない、もしくは芝で走ると故障しやすい馬の可能性が高いので極力避けた方がよいでしょう。ただし、フレンチデピュティやブライアンズタイムの仔はそういう特徴を持ちながらも芝のGI級がちょこちょこ出るので要注意。


また、ゲームの性質上、1勝馬を3頭持つよりも重賞勝ち馬を1頭持ったほうがポイント効率は高いので、地味に勝ち上がってくれそうな凡血統の好馬体をとるより、はずれてもいいから一発が大きい良血社台系そこそこ馬体を獲ったほうが、ゲームとしては勝つ可能性が上がります。まぁ馬体派としてはあんまり認めたくない事実ですがね・・・。さらに言うと、馬体に多少の欠陥があっても、いわゆる「血の力」というやつで結構走ってしまう馬はたくさんいます。特にPOGは短期決戦、極端な話、繋ぎが非常に堅く立った芝馬で、良血だったとして、デビューから2歳重賞までポンポンと3連勝ぐらいしたあとに、骨折してしまったとしても、POG的には「成功」の部類に入ってしまうわけです。もちろん最初からそれを狙う必要はありませんが、ゲームの性質を考えると、馬体にしろ血統にしろ「どこで見切りをつけるか」が重要なんだと思います。

とはいっても、ほんとにいいと思ったらどんなに地味な血統でも指名すべきですし、逆にどんな良血馬でもダメだと思ったらとらなきゃいいってことです。POGは人それぞれの選び方があり、それを楽しんでこそゲームなわけで、あんまりガチガチにルールを決めて選ぶぐらいなら自分の好みを突き詰めながら馬の選択を楽しめればいいと思います。

機会があればドラフト前にこっそり今年の注目馬を挙げてみようかな・・・
posted by 馬砂雪 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

馬体だけで馬券を買えるか

馬体を見た「だけ」で、馬の能力を見抜く。馬券を獲る。

馬見を志す人の誰もが一度は挑戦し、そして大概が長期的にみて失敗に終わります。最初のうち、当たらないのは自分の相馬眼が至らないからだ、と考えました。もちろんそれもあるでしょう、しかし、よくよく考えると「馬の見方」そのものに問題があるのではないか?と感じるようになりました。

パドックではよく横ではなく「縦の比較」が重要だといわれます。パッと見でそのレースの出走馬を比較して馬の良し悪しを判断するのは難しいというより、ほぼ不可能。なぜなら以前も述べたように、馬の絶対能力を決めるのは生まれた時点で決まっている血統や馬体の総合要素を背景とした資質であり、パドックの馬体だけではその馬の特徴や調子(縦の比較)が伺えても、そのレースでの最終的な優劣(横の比較)を判断することは難しいのです。

勿論、本当に素晴らしい馬は馬体面でも抜けていることが多いのですが、レースの格が上がっていけばいくほど客観的に見て「いい馬」は増えていき、その差が微妙になっていきます。重賞・GIともなれば馬の資質自体が高くないと到達できないわけで、馬体による誤差のような優劣より、これまでの成績情報のほうが遥かに当てになります。たとえばクラシックの主役級まで登りつめた馬の馬体を、あとからあーだこーだいっても始まりません。馬体をみて、それぞれ個々の状態の変化を読み取ったりする分にはいいですが、それだけ強い馬を馬体だけで判断したら当然失敗します。クラシックの有力馬や古馬重賞に出てきているような強い馬で、馬体的に物足りないと感じる馬がいたら、むしろそれ以外の優れた要素でここまできた馬なんだと判断すべきでしょう。

これがパドックでは縦の比較をすべき理由、天性の閃きが如き相馬眼を持っていなければ、「GIでやけに素晴らしく映る超人気薄の本命買い」なんてものは止めたほうがいいですね、みすみす金を捨てることになるでしょう。

ただし、例外的に「馬体だけ」で馬券を買ってもいいと言えるのが新馬戦(2歳戦)です。まだ競馬を使ったことのない馬はごく限られた情報(調教の動きや不確定要素の大きい血統面の評価)でしか優劣を判断できないため、馬体情報がレース結果に与える影響力も大きい。また、出走馬の実際のレベル差が大きい(良く言われる、後のGI馬と未勝利で終わる馬が一緒に走るということです)ので、はっきりとした違いを見つけ易いのです。更には馬体の仕上がりも一目瞭然なので、自分の眼を磨く意味でも2歳戦は打ってつけでしょう。経験上、個体差はありますが3歳の春を過ぎると馬体の作り云々より、レース内容や時計、レベル比較のほうがはるかに重要になってくると考えます。ですから、それまでの若い馬に限れば、馬体を見ての直感買いというのも有効ではないでしょうか。そんなわけで僕自身は新馬戦を最も得意としています、新馬だけではなかなか馬券はプラスになりませんが・・・
posted by 馬砂雪 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

馬体を見る順番

これはどういう目的で馬をみるかによって微妙に異なってくると思いますが、ここでは立ち写真を見るときを前提とします。自分は以下の順番で馬を見るようにしています。

1、馬体の立ち姿を見て全体のバランスと雰囲気を確認する。(肌の状態も)
2、脚元のつくり(繋ぎ、管、飛節、球節)を見る
3、トモ、前肢、肩、首差し、背中、頭など格パーツの大きさ、角度などを再度細かく見る


血統表は1と2の間に確認することが多いです。

人によっては、まず脚元からパーツを見ていくという人もいると思います(実際、多くの馬体本がそれを推奨しています)。馬を見るときは減点法が基本といわれていますから、その方法に当てはめるなら全体をみるより個々の欠陥をチェックすることになります。ただそれは実戦パドックでの見方で、一口やPOGの馬探しでいい馬を見つけようと思っている人が、個々の欠陥を一つ一つチェックしながら減点法で絞り込んでいったら、膨大な時間と労力が割かれる割に、残った馬が1勝止まりばかりなんてこともよくあります。「欠陥のない馬」は理想ですが、全く欠陥のない馬なんてものは存在せず、多少欠陥があってもそれを補って余りある能力がありさえすれば活躍は可能です。その反動で故障したり、あるいは、早熟で成長力がなかったりということもあるでしょうが、それでも複数持てばトータルでプラスになる。だから、パドック以外で馬を見る際はパーツの欠陥部分から見るのではなく、全体のバランスと印象を最初に確認して、その馬の持ついい部分を感じ取ってから減点に入っていくべきだと考えています。

また、血統表は割と早い段階で見ますが、ここで血統を見る目的は、種牡馬や母馬の血統の良し悪しで馬の良し悪しを判断するためではなく、その血統の持つ特徴がどのような形で馬体に現われているかを確認するためです。種牡馬にはそれぞれ産駒の馬体に特徴があり、独特の良さ・悪さがあります。「サンデーの曲飛」「ブライアンズタイムの腹ぼて」なんかは割と有名ですが、どちらも本来極端だと割引材料になりかねない馬体的特徴です。ただ種牡馬独特の傾向でありさほどマイナスにとる必要がないということを過去の例が示しています。これと逆のケース、つまり本来ならプラスに取れる特徴が、この種牡馬だけにあんまり良くないなんてことも稀にありますし、それぞれの血統的特徴を理解した上で、再度馬体を確認する必要があります。これは母馬にも同様のことが言えますから、母父の傾向や兄弟馬の傾向なんかも加味できればなおよしでしょう。

実戦のパドックで馬を見る場合も基本はおんなじです。最初に走るレースの条件(芝・ダート、距離)を確認した上で、上記順番、そして一番最後に血統表(新聞)を確認します。血統を後回しにするのは、デビューさえすれば血統より実馬の馬体のほうが馬券に直結する多くを語ると考えているからです。またパドックでは歩様やしぐさといった上記以外の重要な要素もありますし時間も限られいるので、正直いちいち全ての状態まで確認していられません。全体を見たら、歩様と仕上がり状態(腹回りの余裕など)の確認を最優先とします、新馬以外の場合は特に。

あくまで自己流なので、参考程度に聞き流してください・・・
posted by 馬砂雪 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

外見と中身〜馬体と身体能力の関係〜

馬体派を否定する人の理由に「馬体だけみたところで、内臓面の強さ、心肺機能までは分からない」というのがあります。僕もだいたいその通りだと感じています(たまに腹袋の大きさで内臓がわかるという話も聞きますが実証データがないので個人的には半信半疑)。

では馬体だけ見ても意味がないかと言えば、そんなことはない。やはり馬体がいい馬というのはちゃんと存在しますし馬を判断する重要な要素だと思います。

でも、こうも考えます。馬の絶対能力を決めるのは血統を背景とした、内面の強さ=心肺能力、筋力など。馬体はあくまでその能力をどれだけ引き出せるかという要素であって、どんなに形が完璧に近い馬であっても元々の能力が低ければそれなりの活躍しか望めないということ。

つまり馬の最終的な能力を決めるのは、血統期待値から馬体による減点を差し引き、さらに精神力の要素(気性)を考慮したものとなるということです。血統期待値は良血であれば当然偏差値は高くなりますがやはり個体別で考えると確率論的、またそこで決まった能力を活かすも殺すも馬体と気性次第だということです。簡素化するためかなり強引な言い方になってますが大筋はこんな感じでとらえています。

現役時代は気性が悪く(あるいは馬体に欠陥があり)大成出来なかったが、種牡馬(繁殖牝馬)といて大成功したという例がよくあります。先ほどの話でいくと、こういった馬は元々の血統を背景とした絶対能力が非常に高かったにもかかわらず、その他の要素が与えるマイナス面が多すぎて、持てる能力を全く発揮できていなかったということです。種牡馬は血統だけでなく形や気性も仔に伝えますが、そこは確率論、相手次第でマイナス面を抑えこむことが出来れば産駒は素晴らしい活躍を見込めるわけです。

そういう風に考えると、馬体で馬の能力全てを計ろうとするのは無理だということになります。ただし、血統を考慮しつつ的確な馬体を判断することで「確率を最大限高める」ことには繋がるわけです。言い換えると「ハズレを引く確率を下げる」。血統による能力決定が確率論である以上、目で見て判断できる馬体という要素は馬を選ぶ際に非常に役に立つと思います。僕はこの仮定に基づいて馬の能力について考えるようにしています。
posted by 馬砂雪 at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

馬見の心得

以下に、自分が馬を見る時に気を付けていることをリストアップしてみました。個人的な見解も含まれますが多くは一般にも広く言われていることだと思います。

●馬体は馬の一側面。それで馬の全てを語る事なかれ。
立ち写真やパドックを見ただけで馬の能力の全てが分かるはずがないのは当然のこと。さまざま角度から見て、実際に動いている姿を確認して初めて馬の特徴がわかってきますし、それでも馬の全てを理解するには至りません。ただ、写真や映像のみでも得られる情報は確実にありますから、馬体でわかることは全部拾い上げてみようという姿勢が大切だと思います。

●目的によって見方を変える。
パドックで実践的に馬を見るときと、一口やPOGで馬を写真(映像)から選ぶという作業は同じようで実は全く質の違う作業です。目的が違えば見方も変える。何も考えずに馬を見ているとどうしても混同して考えてしまいがちですが、自分の中でその区分けをはっきり認識して頭を切り換える必要があります。

●馬見の道に近道なし。ただひたすらに馬を見続ける。
僕は競馬暦はそんなに長くないですが、馬の写真や映像、実馬を見る機会を増やすことを心がけてきました。最初のうちは「なんとなく」で見ていたものが、いつのまにか自分の中に確固たる「馬見の基準」が出来てきました。それが正しいものなのかはいまだに自分でもわかりませんが、強い馬、弱い馬を何千、何万と見てきて、目と感性を磨くことこそが最も重要だと考えます。

●初見の印象を大切に。
何度も何度も同じ馬を見続けると欠陥ばかりが目立ってきます。一番最初にその馬を見たときに感じたファーストインプレッションは非常に大事で、迷ったらそれを信じるのが一番いいと思います。時には自分のセンスを信じましょう。

●美しいと感じる馬体にはどこかに魅力がある。
ぱっと見て「美しい」と感じる馬体には、どこかしらに魅力があるはずです。全体のバランスであったり、パーツとパーツの相性であったりしますが、突き詰めると美しいということは素晴らしいことです。

●馬を見ることを最大限楽しむ。
馬を見て予想に役立てたり、馬選びで優位に立つために馬を見るわけですが、本来馬を見て違いを感じるということ自体が楽しい作業です。損得だけで考えず、競馬とより良くつきあっていくために馬を見ることを最大限楽しむ気持ちを常に持つようにします。


こんなところでどうでしょう?
他にもありますが、取り合えず思いついたところから。
posted by 馬砂雪 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

馬体の勉強に役立つリンク集

まずは手始めに、ネット上で相馬眼を磨いたり、馬体のことを勉強したりするのに役に立つサイトを紹介しましょう。


競馬ブック フォトパドック
ご存じ、「競馬ブック」サイト内のフォトパドックコーナー。ここでは、毎週注目レース出走馬の立ち写真を見ることが出来ます。馬体派御用達のサイトですね。バックナンバーから過去の写真を見ることもできるので、予習だけでなく復習もばっちり。要チェックサイトです。

スポニチ競馬 馬体診断
GIレース限定ですが水曜日に“美浦黄門”こと境勝太郎元調教師による馬体診断が見れます。まぁ、この人の馬体診断は賛否両論あるんですが・・・とりあえずその辺の話は置いておきましょう。競馬ブックより写真が大きいですし、競馬ブックに載っていない馬もいたりするので同時にみるのが望ましいかと。

競走馬・馬体のしくみ
JRA公式の競馬講座内コンテンツ。FLASHで作成されています。馬体の名称や構造が一発で分かり、骨格・筋肉なども詳細に見ることが出来ます。

馬市.com
ブログ
サラブレッドのセリ市情報を網羅したポータルサイト。基本はセリでの取引馬の写真掲載などですが、毎週の競馬で勝ち上がった新馬や、重賞を買った馬のセリ取引時の写真を掲載してくれます。これが結構ためになる。ブログ形式にもなっています。

My-Aiba.com 馬の見方
元々は「My-Aiba.com」という一口馬主向けのポータルサイト内コンテンツだったのですが、大元のサイトは潰れました。そして現在はなぜかこのコンテンツだけ前述の馬市.comの鯖に置いてあります(どういう経緯かは知りません)。
図解と写真入りでこれだけ詳しく馬体の見方についてまとめられているコンテンツはWeb上ではなかなかないのでは?

JRA競走馬総合研究所
「最新馬科学情報」内のコラムには馬に関する最新の研究成果がまとめられています。馬体のことを知るには、同時に馬の生体学も知っておいて損はないでしょう。読み物としてもおもしろいですし、馬の体や故障の治療など実践的な知識も身に付きます。

〜京大式“スピード指数”/久保和功VSカリスマ馬券師/赤木一騎〜
結構人気のあるブログなんですが、実はあんまり定期購読してるわけじゃなかったり・・・。馬体のことで検索すると良くここがひっかかるんですよね。右下のメニューから「赤木の研究」の項にある馬体関係のコンテンツは、図と写真で詳細に馬体の説明があり、しかもパドックでの見分けに特化した実践的な相馬術を解説しています。あと、当週のレースに出走する馬の馬体についてのコメントをトレセンでの写真などと一緒に紹介してくれるのは非常に役にたちます。

はっきり言ってこんなに役に立つサイトを紹介しちゃうと、このブログの存在意義がなくなってしまうのでこのへんにしておきましょう。
posted by 馬砂雪 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

はじめに

僕がこのブログをやろうと思ったきっかけは、もっと馬体のことを知りたいと思ったからです。

サラブレッドの馬体というのは、見ていて本当に飽きません。いろんな形、いろんな特徴があり馬によって個性も様々。最初はただ漠然とパドックを眺めながら、馬って綺麗だなと思っているだけでしたが、そのうち、これら馬体という情報からどれだけのものが引き出せるのかというのが気になるようになりました。それが馬体に興味を持った最初です。

それからも競馬に対する興味が深まるにつれて、馬体のことも注目するようになり、パドックや立ち写真を隈無く見るようになって、あるとき「自分は馬体を見る才能があるのではないか?」と思い始めるようになりました。それがマズかった・・・

馬体だけで馬券を買って外すこと数知れず。自分なりに多少なりとも良い馬とそうでない馬の見分けが付くようになったという自信がありましたが、馬券につながらない・・・。、そんな経験を繰り返し、「やっぱり馬体だけで馬券を買うのは無謀すぎる」という、普通の人間がいきつく結論に達しました。

でも、本当にそうなのか?自分には確かに馬を見る才能が欠けていたかも知れない。でも本当に馬を見ることが出来る人間というのは世の中に居るはず。そういう人たちがどこを見ているのか、そして馬体を見ることでなにが分かるのか。初心に帰り、基本的な部分を勉強しながら、馬体というものの理解を深め、馬体とはどういうものなのかというのを少しずつ掴もうというのがこのブログの狙いです。馬体のことが分かってくれば、今よりもっと競馬を楽しむことができるでしょう。

いや、ちょっと周りくどい言い方をしてしまいました。本当は単純に「馬体フェチ」なんですよ。とにかく馬を見るのが好きです。馬の体のことを話題にするのも大好きです。自分には専門家のような見識も技術もセンスもありません。それでも「馬体オンリーのブログ」というのが1つぐらい世の中にあってもいいじゃないかということで、恐る恐るはじめてみたというのが本音です。自分の勉強のためと言いつつ、あわよくば見識ある方からのアドバイス、指摘を受けてより知識を深められたらというのを期待しています。

馬体というのははっきりとした「正解」がない要素が多く、プロですら見識が別れることがあります。難しいのは百も承知、素人なりに他の人々の意見を参考にしながら、なんとなく掴めて行けたらいいなと思っています。なんともいい加減なブログではありますが、馬体好きの方、馬体に興味をお持ちの方、どうぞよろしくお願いします。
posted by 馬砂雪 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。