2007年02月08日

話題のオーシャンエイプス馬体診断!

はい、今週も1頭に絞った馬体チェックをやります。巷で噂のオーシャンエイプス君です。なんでこんな木曜になってしまったかというと競馬ブックフォトパドックのアドレスが変わったことに気付かずに更新されてないと勘違いしていたからです(リダイレクトするなり注意書きするなりしてよ・・・)。一部ではすでに「怪物」「今年1番の大物」との呼び声が高い同馬ですが果たして、どんな馬体なのでしょうか?

オーシャンエイプス(きさらぎ賞)
次週以降URL

この馬の馬体は新馬戦の映像をチラッとみたことがあるんですが、そのときはやや太め残りの印象を受けました。今回は太めというほど太くはなく、きっちり仕上げてきたなという感じ。

まず目立つのは深くて厚い胸。すらりと伸びて理想的な長さと角度を有する首すじ。さらにこれまた理想的な柔軟性を感じる繋ぎと蹄。さらには良好な毛づやと薄い皮膚。

逆に、トモの大きさや肉付きはやや見劣りし、全体的に前が勝った印象です。胴の長さもやや短めでコンパクトなマイラー型に映ります。ただ、手足はそこそこ長く全体としてのバランスもまとまっています。なにより肩の角度と首の角度が長い距離への適性を物語っています、これは父マヤノトップガン譲りでしょう。菅が少し細めで腱の発達がややわかりにくいのが気になりますが。

全体を見ての印象は前のボリュームが素晴らしいが、決して硬い筋肉質な印象をうけず、むしろ全体から柔らかい印象を感じられれ、パワフルかつ、全身を使った理想的なフットワークを生み出すからだ付きだと思いました。実際のレースでも非常に大きく、そして回転の速いフットワークで、その辺も含めてあのディープインパクトとも類似する点があります。

現段階の成長度合いは7割程度で、まだまだよくなる雰囲気を備えています。フサイチホウオー側に立つ自分としては非常に怖い存在ですが、ホウオーとは全く別種の方向性の馬体に進化しつつあると感じます。素材の良さ、走りのセンスはあるいはこちらが上か?


とまぁ、馬体で語ってみました。あとは実際のレース振りで判断しましょう。「飛ぶ」かどうかはわかりませんが、どんなレースをするのか非常に楽しみです。
posted by 馬砂雪 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(3) | 馬体チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

きさらぎ賞を制するのは?
Excerpt:  2月11日京都競馬場芝1800メートルで行われるきさらぎ賞には9頭が出走登録し。  注目は新馬戦で8馬身差の圧勝で衝撃を起こしたオーシャンエイプス。1レースしか走っていないものの、共同通信杯を制し..
Weblog: tom5412@eBet
Tracked: 2007-02-08 23:59

オーシャンエイプスはきさらぎ賞を制する?
Excerpt:  デビュー戦で2着に8馬身の差を付ける圧勝で力の違いを見せつけたオーーシャンエイプスが2戦目で重賞初挑戦する。  初戦の新馬戦は馬なりで圧勝とデビュー戦勝利のみながらフサイチホウオーとならぶ「怪物」..
Weblog: tom5412@eBet
Tracked: 2007-02-08 23:59

前のボリューム/前のボリューム
Excerpt: 前のボリュームについて悩みを解決するには、まずは前のボリュームについての正しい知識が必要です。そこで、前のボリュームについての情報を集めました! 前のボリュームについて調べて、前のボリュームに関す..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2007-06-11 12:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。