2007年01月31日

フリオーソ侮り難し!!/共同通信杯 馬体チェック

昨日のフサイチホウオーに続いて、共同通信杯に出走するその他の馬の馬体についても見ていきましょう。
本当のことをいうと、ホウオーだけで終わる予定だったのですが1頭だけどうしても取り上げておきたい馬がいたのであえて書くことにしました。その馬はダーレーの刺客フリオーソ。ダートチャンピオンの初中央参戦ですがこいつはもしかしてとんでもない馬かもしれません・・・


競馬ブックPHOTOパドック
http://www.keibado.ne.jp/keibabook/070205/index.html(翌週以降)

<参考>
朝日杯FS
http://keibado.cplaza.ne.jp/keibabook/061211/index.html


ダイレクトキャッチ
全身のシルエットや一見して硬さが感じられる肉付き、肩まわり、腹袋の具合からてっきりダンスインザダーク産駒だと思いこんでいたが、スペシャルウィークだった・・・。いい骨格をもっているし筋肉質でポテンシャルは高い。ただ、緩さを残し現状の完成度はまだ高くない。

ニュービギニング
あのディープの弟とあって世間の注目度は抜群。ただ馬体から受ける印象はまだまだ幼い。形そのものはディープとも似ているがトモがかなり頼りなく映るのと首周りの太さ、前脚の筋肉の発達が大きく違う。父がタキオンに変わり、より短距離型にシフトした印象。正直馬体のインパクトは低いがそこはこの血統、兄もコンパクトな体に能力を秘めいただけに見た目だけでは測れないか?

フライングアップル
朝日杯の時も書いたが、この馬は現状の完成度でいえば間違いなく3歳トップクラス。筋肉質でボリュームのある馬体、しっかり締まって仕上がりも万全。やや短距離的な特徴も見られるが東スポ杯と同じ舞台ならあれぐらいのパフォーマンスは可能、力出せるデキ。

フリオーソ
こいつは見るからにヤバイ。つくところに肉が付き、無駄がない理想的な馬体。首の長さや角度、肩の角度、トモの形、手足の長さ角度、全てにおいて素晴らしいバランス。ダートを使ってきた馬だが決してパワー型の筋肉質タイプではなく質の良い柔軟性に富んだしなやかな馬体。ブライアンズタイム産駒独特の重苦しさがほとんど無く馬体は芝馬といっても遜色ない。これまでソエで思うようなレースが出来なかったようだが、ここにきて良くなってきて前走はGIで中央勢一蹴。レースではまだまだ遊びながら走っているが底が知れない魅力を感じる。ダーレー川島チームの真打ちがいよいよ本気で中央獲りに来た。
posted by 馬砂雪 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬体チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32512490

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。